本文へスキップ

「ひかりのこどもらしく歩みなさい」聖書のことば

電話でのお問い合わせはTEL.072-635-4074
 ibaraki@church.email.ne.jp

ひかりの子 Q&AQUESTION

保護者の皆様からよくいただく質問をまとめました

一日の生活イメージ

Q.「日曜日も登園しないといけないのですか?」
A.日曜日は家族でお出かけ等の理由でお休みする方もいらっしゃいますが、保育日ですので、欠席扱いとなってしまいます。また、クリスマス会では、毎年、教会学校のお友だちによる聖劇や合唱をしていますが、練習は日曜日に行いますので、毎週出席できるお友だちに出ていただいています。教会学校では、2歳〜6歳児が一緒に過ごしますので、縦のつながりの中でいろいろなことを学べるよい機会です。

Q.「母親の集いには、毎回出ないといけないのですか?」
A.こちらも、ご兄姉の学校行事等でお休みする方もいらっしゃいますが、お母様同士が親しくなっていかれると、お友だちの関係も深まっていく様子が毎年見られます。また、4人の子育てを経験している牧師、牧師夫人からの話はとても具体的で、聞いているとホッとする、とお母様方からの感想を頂いています。

Q.「クリスチャンではないのですか・・」
A.「ひかりの子」に来られるほとんどのご家庭が、キリスト教ではありません。「ひかりの子」に来て初めて聖書を手にしたという方も多くいらっしゃいます。母親の集いでは、子育てや人間関係に役立つ聖書の学びをしていますが、信仰は個人の自由です。強要することは一切ありません。もちろん、興味のある方は、礼拝式をはじめ、諸集会に自由に参加していただけます。また、牧師と個人的にお話もできます。

Q.「親と離れたことがないので心配です」
A.朝、お母様と離れる時に泣いても、お母様の姿が見えなくなると、気持ちを切り替えて元気に遊びはじめるお友だちがほとんどです。「ひかりの子」は少人数保育ですので、一人ひとりに合わせた対応ができます。特に入園当初は、必要に応じて保育スタッフの増員もしています。

Q.「保育スタッフは有職者ですか?」
A.もちろんです。 幼稚園教諭、保育士の資格を持ち、幼稚園、保育園での勤務経験もあり、長年幼児教育に携わってきたスタッフ陣が、大切なお子さまをお預かりします。


お母さんの集いについて

一日の生活イメージ

ひかりの子の特徴として、お母さまに対して子育ての学び、聖書の学びを提供させて頂いています。そら組は毎木曜日の午前中、にじ組を行う場合は、毎金曜日の午前中に行っています。お母さん同士の親睦を深めると同時に、子どもが心身豊かに成長するための学びを聖書と具体的な子育ての経験をもとに学んでいきます。どんなときにも喜んで育児をできる母親を目指して、お母さま方が一緒に学ぶ機会となることを願っています。


保護者の声のご紹介

卒園児の保護者の方からの声をご紹介させていただきます。

      保護者の声 PDFファイル版(クリックするとPDFファイルが開きます)


information

幼児教室ひかりの子

〒567-0891
大阪府茨木市水尾2-7-17
(茨木聖書教会内)
TEL.072-635-4074
FAX.072-635-4074